自動運転技術の可能性

 

運送業界のドライバー不足に伴い、2024年に完成予定の出流原スマートインターチェンジを活用して港からの自動運転への可能性を高くします。

自動運転や自動追尾システムなどを活用し、人材不足や労働環境改善など社会貢献モデルを目指します。